TEL
03-6386-3974
OPEN/CLOSE
平日 AM10:00〜PM5:00
ADDRESS
東京都渋谷区神南 1-9-2 大畠ビル

ルーマニアで甦るガレ工房 『なぜ、本国のフランスではなく、ルーマニアで受け継がれたのか』

本物の技法genuine article

エミール・ガレの没後、遺族が引き継いだガラス工房もアール・デコの台頭や世界恐慌のあおりを受け、閉鎖を余儀なくされました。
そんな中、ガレの作風・高度な技法・技術を伝承したのは、当時ガレ工房の中心にいたイタリア人ガラス工芸作家モンテッシーです。
彼はルーマニア女性と結婚した後、ルーマニアへ移り住み、ガレの技術と作風を生かした工房を開きました。
その後、モンテッシーは、ガレの作風・技法を弟子たちに伝承し、多くのガラス工芸人を育てました。
その技法は、第二次大戦や共産革命を生き抜き、現在まで引き継がれ
ガレ独特の繊細で詩情あふれるガラス芸術を忠実に再現した、言わばガレの魂の1品を生み出しています。

工房studio